11月29日予定<Zoomアップデート情報>

11月22日のアップデートが一週間伸びて、11月29日アップデートとなりました。(日本時間では恐らく11月30日早朝とかになると思います。IOSやアンドロイドはアプリストアの承認に時間がかかるのでもっと遅くなります)

今回は非常に多くのアップデートがかかっているのですがそのなかで当社が注目しているアップデートをいくつかピックアップ!

その1、【自動更新機能】

いやぁついにきましたね。これでみなさんに最新版にアップデートしおいてくださいとアナウンスすることも減るかなと。
そして、嬉しいのが2つの更新頻度が選べるとのこと。
標準は安定性重視のアップデート頻度で、高速バージョンはつねに最新版のアップデートということで、新機能をがしがし試したい方はこちらがいいかもしれません。
Zoomのオペレーションをお仕事とされる方々は、一台は標準、もう一台は高速と別けた方がベストかもしれません。

 

その2、【モバイルデバイスでのHDビデオ送信のサポート】

いやぁ待ってました!いままでiPhone等のスマホからはHDでビデオを送ることができず、4:3の画角で両端が切れていたのですが、これでパソコンと同じ16:9で映像が送られてくるようになります。
サポートされているデバイスでは、アプリ設定でHDビデオを有効にし、最大720pのビデオを送信できるようになりますとのことで、中継配信等の幅が広げられそうと非常に楽しみなアップデートです。

 

その3、【参加者リストのホストにスポットライト】

これ、オペレーションする側としては非常に重要なアップデート。
今まで、なぜか参加者リストでは自分にスポットライトあてることができず、ギャラリービューからスポットしてたんですよね。
これで、全て参加者リストからコントロールできるようになって一安心です。

 

その4、【ウェビナーのQ&Aを時系列または賛成票で並べ替える】

Q&Aの質問はデフォルトで時系列に並ぶのですが、主催者とパネリストは、賛成票の数で質問を並べ替えて、より人気のある質問に優先順位を付けることもできるようになるとのことで、ファシリテーションがしやすくなりますね。

 

その5、【Windowsで複数の参加者にスポットライトを当てた時のビデオ品質の低下の問題解決】

これは当社からも以前からZoom社にリクエストしていたのですが、現状複数スポットライトをあてると、Windowsマシンでは画質が低くなる問題が発生中なのですが、今回のアップデートで解決するようで一安心♪

その他にも色々とアップデートがありますが、詳細は下記をご確認ください。

以下、Zoomリリースノートより参照

ーーーーーーー

11月29日Zoomクライアントのリリースノート
バージョン番号を含む完全な注記については、オペレーティングシステムのリリースノートを参照してください。
Windows | macOS | Linux | Android * | iOS *

*注:モバイルリリースは、それぞれのアプリストアからの追加の承認が必要であり、ダウンロードできるようになるまでにさらに数日かかる場合があります。

【既存の機能への変更】
<MSI / PLIST / GPO / MDMオプションのデフォルトの変更>
・信頼できないSSL証明書のブロックがデフォルトで有効になりました-Windows、macOSデフォルトで、BlockUntrustedSSLCert MSI / GPO / PLISTオプションが有効になり、信頼できないSSL証明書への接続が自動的にブロックされます。
・サイレント自動更新がデフォルトで有効になりました-Windows、macOSデフォルトで、EnableSilentAutoUpdate MSI / GPO / PLISTオプションが有効になり、インストールウィザードが表示されずにデスクトップクライアントが更新されます。

【新機能と拡張機能】
<一般的な機能>
・自動更新-Windows、macOS
ユーザーは、更新がインストール可能になったときにデスクトップクライアントが自分自身を更新できるようにすることができます。ユーザーは、2つの異なる更新リズムから選択できます。更新が少なく安定性が高い場合は低速(デフォルト)、最新の機能と更新の場合は高速です。これは、標準インストールではデフォルトで有効になりますが、管理インストールのIT管理者向けのパッケージでは無効になります。既存の自動更新オプションが無効になっているエンタープライズユーザーは影響を受けません。

・追加のMSI / PLIST / GPO / MDMオプション
自動更新の頻度を設定する-SetUpdatingChannel -Windows、macOS管理者は、自動更新が有効になっている場合に従う更新の頻度を設定できます。更新が少なく安定性が高い場合は低速(デフォルト)、最新の機能と更新の場合は高速です。

・トルコ語とポーランド語のサポート-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
Zoomクライアントは、トルコ語とポーランド語をサポートするようになりました。デフォルトでは、Zoomはサポートされている場合、オペレーティングシステムの言語と一致し、ユーザーは選択した言語を手動で選択できます。

・Androidタブレット用に最適化されたUI – Androidタブレット
のZoomアプリのAndroidユーザーには、より最適化されたUIが表示されます。

<ミーティング/ウェビナー機能>
・プレゼンテーションスライドの制御-Windows、macOS、Linux
プレゼンテーションを共有している参加者に次のスライドを要求することなく、プレゼンテーションスライドの進行を制御します。Googleスライド、Powerpoint、Keynoteでのプレゼンテーションをサポートします。アカウントの所有者と管理者は、アカウントレベル、グループレベル、およびユーザーレベルのWeb設定でこれを使用できるようにすることができます。この機能には、バージョン5.8.3以降が必要です。
・モバイルデバイスでのHDビデオ送信のサポート-Android、iOS
サポートされているデバイスは、アプリ設定でHDビデオを有効にし、最大720pのビデオを送信できるようになります。

・参加者リストのホストにスポットライト
を当てる-Windows、macOS、Linuxホストは、ビデオタイルのメニューに加えて、参加者リストのメニューを使用して自分自身にスポットライトを当てることができます。この機能は、すべてを1か所で制御することにより、セルフスポットライトと他の人との異なるエクスペリエンスを排除します。

・スマートギャラリーの 互換性の強化-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
クライアントがズームルームからマルチストリームスマートギャラリービューを処理する方法に関するさまざまな強化(すべてのズームルーム参加者を一緒に小会議室に移動するなど)会議中チャットメッセージは、(個々のメンバーに送信されるのではなく)全体としてズームルームに送信され、個々の参加者ではなく、ズームルームのホストコントロールが割り当てられます。

<ウェビナーの機能>
・Q&Aを時系列または賛成票で並べ替える-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
ユーザーが送信したQ&Aの質問は、デフォルトで時系列に並べ替えられ、最新のものがリストの下部に表示されます。主催者とパネリストは、賛成票の数で質問を並べ替えて、より人気のある質問に優先順位を付けることもできます。

・送信されたQ&Aのゲストインジケーター-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
ウェビナーで外部の参加者によって送信された質問には、ゲストマーカーのラベルが付けられ、内部または外部に送信された質問が明確になります。

<チャット機能>
・転送されたファイルと画像の統合表示-Windows、macOS、Android、iOS
最大6つのファイルまたは画像を送信する場合、ファイル/画像は付随するテキストとともに同じチャットバブルに表示されます。この機能にはバージョン5.5.0以降が必要であり、拡張チャット暗号化が有効になっている場合は使用できません。

<電話機能>
・着信コールの発信者確認アイコン-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
Zoom Phoneには、ユーザーがロボコールとスパム通話を識別しやすいように「発信者確認済み」チェックマークが表示されます。キャリアが発呼者を認証し、発呼者番号の使用を許可されている場合は、チェックマークアイコンが表示されます。チェックマークアイコンは、次のインバウンドコールシナリオのコールログとインバウンドコール通知(クライアント、アプリ)に表示されます。
・同じアカウントでの内線通話の内線
・ZoomPhoneのお客様間での通話
・発信元の通信事業者がSTIR / SHAKENガイドラインに従ってAレベルの認証を提供した場合の、米国の公衆電話網からの着信。

【解決された問題】
・マイナーなバグ修正
・セキュリティの強化
・会議でのmp4ビデオの共有に関するユーザーのサブセットの問題を解決しました-Windows、macOS
・サードパーティのサービスによって提供されるキャプションがすべてのユーザーに表示されない(Windows、macOS)に関する一部のユーザーの問題を解決しました
・カスタムイマーシブビューの削除と元の画像ファイルの削除に関するユーザーのサブセットの問題を解決しました-macOS
・イタリア語の場合、会議中のチャットでダイレクトメッセージ通知機能が正しく表示されない問題を解決しました-macOS
・OpenSSLがインストールされているデバイスでの不要なポップアップに関するユーザーのサブセットの問題を解決しました-Windows
・複数の参加者にスポットライトを当てた場合のビデオ品質の低下に関するユーザーのサブセットの問題を解決しました-Windows
・会議で1080pHDビデオ解像度を達成できない一部のLinuxデバイスに関するユーザーのサブセットの問題を解決しました-Linux
・スクロールが無効になっているためにtalk-to-textを使用して入力されたテキストがレビューできない問題を解決しました-iOS
・Youtubeへのライブストリーミングの試行に関する問題を解決しました-Android
注:

フォーカスモードでの会議のスケジュールとカスタムギャラリービューの順序の保存機能は、展開の問題のためにリリースから削除され、別の今後のリリースで利用できるようになります。
待合室へのビデオの追加機能は、いくつかの最終的な機能強化が行われるまでリリースから削除されました。
共有回線グループの会議バージは、以前のバージョンですでに利用可能であり、11月21日に予定されているWeb更新後に使用できるようになるため、リリースノートから削除されました。