【Zoomアップデート内容】バージョン5.6.0

【Zoomアップデート内容 バージョン5.6.0】

 


 

昨日3月23日、Zoomの5.6.0のアップデートがリリースされました。
iOSのアップデートは、まだ(3月24日17時現在)承認されてないようなので、リリースを待ちましょう。
 

今回のアップデートの注目ポイントはスマホの参加者でも、ミュート解除許可を取り消しできるようになったことと、
ウェビナーのアップデートが大きいですね。
(ミュートの解除の許可については、別記事をアップします)
 

まず、視聴者ビューのコントロール画面が、参加者のところに復活したこと!!
前回のアップデートで右上に集約されたのはよかったのですが、画面共有を開始したときにボタンが消えてしまって、画面共有中は全く変更することができなくなってしまっていたので、参加者のところから変更できるように戻った!?追加されたことにより、いつでも変更することが可能に、これは大きい!
 


 

また、ウェビナーにおいてファイル送信も可能になりました!
ウェビナーではいままで送れなかったので、別リンクにしたりして対応している方も多かったと思いますが、これで全参加者に一気にファイル送信が可能です。
 


 

ただ、参加者がPCで(スマホやタブレットでは受信できない)、バージョンが5.6.0以上である必要があるので、ウェビナー主催者は参加者に最新版にアップデートを告知してもらう必要がありますね!
 

些細ではありますが、練習セッション表示もわかりやすく!?なりました。

その他の変更点は下記をご確認ください。

ーーーーーーー

【既存の機能への変更】

Zoom Phoneの3者間通話の機能強化-ウィンドウ、macOS、Linux、Android、iOS
ユーザーが3者間通話を行っていて、通話参加者が通話を終了した場合、残りの2人のユーザーは通話を継続します。
MSI / GPOオプションの機能強化:AutoUpdate -Windows、macOS
AutoUpdateオプションは、無効のままにした場合、クライアントの[更新の確認]ボタンも削除するようになりました。このオプションを有効にしてインストールすると、クライアントにボタンが表示され、ユーザーは更新を確認してインストールできます。
 

【新機能と拡張機能】

・一般的な機能
追加のMSI / GPOオプション-Windows、macOS
リモートコントロール中に共有クリップボードを有効にする-EnableShareClipboardWhenRemoteControl
デフォルトで無効になっています。有効にすると、リモートコントロールで「共有クリップボード」がオンになります。
会議中に着信を非表示にする-HidePhoneInComingCallWhileInMeeting
デフォルトでは無効になっています。有効にすると、会議中に着信通知が表示されなくなります。
 
<ミーティング/ウェビナー機能>
Epic統合のための強化されたデバイステスト
-Epicの患者ポータルから医療提供者とのZoomミーティングに参加するWindows、macOS、Linuxユーザーは、デバイスでカメラ、スピーカー、マイクをテストできるようになります。明確な合格/不合格の結果は、医療提供者と共有され、遠隔医療訪問の前に発生する可能性のある技術的な問題を通知します。
 
・追加の認証オプション:自分のアカウントのユーザー-Windows、macOS、Linux、Android、iOS追加の認証方法を選択できます。会議またはウェビナーに参加するユーザーは、アカウント内のプロファイルにサインインする必要があります。
このオプションは、既存の認証プロファイル(Zoomにサインインしているユーザー、選択した電子メールドメインにサインインしているユーザー、および外部認証されているユーザー)に追加されます。
 
・ミュートを解除するための事前承認済みの同意を取り消す-iOS
ミュートを解除するためにホストの事前承認済みの同意を提供したiOSユーザーは、アプリの設定を通じてその同意を取り消すことができるようになりました。
 
<ウェビナーの機能>
・追加の出席者ビューコントロール-Windows、macOS、Linux
出席者ビューレイアウトコントロールは、[参加者]パネルの[その他]でも利用できます。これは、[表示]オプションで使用できる出席者の表示コントロールに追加されます。
 
・強化された練習セッションとライブウェビナー通知-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
ウェビナーがまだ練習セッションであるかライブであるかに関する通知は、すべてのパネリストとホストに表示されます。
 
・ウェビナーチャットのファイル転送-Windows、macOS、Linux
ウェビナーのホストとパネリストはチャットでファイルを送信できます。ファイルを送受信するには、ユーザーはバージョン5.6.0以降である必要があります。
 
・チャット機能
強化された検索フィルター:@meメンション-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
チャット検索を絞り込んで、検索している人のメンションを含む結果のみを含めることができます。
 
・チャネルオプション内のチャネルで検索-Windows、macOS
特定のチャットチャネル内で検索するオプションは、そのチャネルの情報パネルの[メンバーの追加]のすぐ下で直接選択することもできます。
 
・絵文字の選択が簡単-Windows、macOS、Android、iOS
「:」と2つ以上の文字を入力すると、その説明に一致する使用可能な絵文字が表示されます。たとえば、「:jo」と入力すると、次の一致する絵文字が提供されます:: joy:、:joy_cat:、:joystick:、:majong :、および:black_joker:
 
<電話機能 >
・Power Packのエクスペリエンス-Windows、macOS
ユーザーがPower Packアドオンを使用している場合、他のアプリケーションの上に常にある小さなパネルから電話回線を表示したり、通話中のコントロールを使用したりできます。電話ユーザーは、連絡先をすばやく見つけて、不在着信やボイスメールを表示することもできます。
 
・共有回線グループの通話監視-ウィンドウ、macOS、Linux、Android、iOS
管理者によって有効にされている場合、監視者である共有回線グループのメンバーは、共有回線グループによって送受信された通話を聞いたり、ささやいたり、はしけたり、引き継いだりできます。
 
・不明な場所の通知のUI拡張-ウィンドウ、macOS、Linux、iOS
管理者が遊牧民の緊急サービスを有効にしている場合、場所のアクセス許可が有効になっていないと、ユーザーの[電話]タブに赤い通知アイコンが表示されます。アイコンは、個人の場所のサポートが有効になっていて、ユーザーが現在不明な場所にいる場合にも表示されます
 
・自動受付を通じて転送される通話のUI拡張機能-ウィンドウ、macOS、Linux、iOS
自動受付を通じて転送される通話には、これらを識別しやすくするために自動受付の表示名が付けられています。これは、着信通知と通話/録音/ボイスメールの履歴に適用されます。
 
・直接電話番号のコピー-ウィンドウ、macOS、Linux、Android、iOS
ユーザーは、プロファイルカードまたは電話設定から直接電話番号を簡単にコピーできます。
 
・通話履歴、ボイスメール、録音の復元-ウィンドウ、macOS、Linux、Android、iOS管理者によって有効にされている場合、ユーザーは30日以内にソフト削除された履歴、ボイスメール、または録音を復元できます。その後、アカウントから完全に削除されます。この機能は、ズームで有効にする必要があります。
 
・通話を会議に昇格するときに待合室をバイパスする-ウィンドウ、macOS、Linux、Android、iOS
ユーザーが現在の通話を会議に昇格させると、待合室がすべてのユーザーに対して有効になっていて、バイパスオプションが有効になっている場合、他の通話参加者は待合室をバイパスします。有効。
 
・緊急アドレスの更新-ウィンドウ、macOS、Linux、iOS
ユーザーは、クライアントで直接緊急アドレスを設定および更新できます。以前は、ユーザーはWebポータルを使用してのみ更新できました。
 

【解決された問題】

マイナーなバグ修正
セキュリティの強化
ビデオの反転または回転に関するビデオ仮想背景の問題を解決しました-Windows、macOS
セカンドモニターとして使用されるiPadでのスライドの共有に関する問題を解決しました-macOS
ヘブライ語の文に英語の単語を含める場合の不適切なテキストの配置に関するユーザーのサブセットの問題を解決しました-iOS
削除されたウェビナーの参加者が再参加しようとして、登録が拒否されたために再参加できないというメッセージを誤って受信する問題を解決しました-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
認証プロファイル用のワイルドカードドメインの追加に関するユーザーのサブセットの問題を解決しました-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
会議に参加しようとしたときのエラー1030​​33に関するユーザーのサブセットの問題を解決しました-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
着信Zoom電話通知に発信者IDが表示されない問題を修正しました-iPad
ユーザーのデフォルトの発信者IDが共有回線グループ(Windows、macOS、Linux、Android、iOS)に属する電話番号に設定されている場合に発信者IDが正しくない問題を修正しました
 

「Outlookプラグインの新しい更新」

【新機能と拡張機能】

・追加の認証オプション:私のアカウント
のユーザー追加の認証方法を選択して、会議またはウェビナーに参加するユーザーがアカウント内のプロファイルにサインインする必要があります。このオプションは、既存の認証プロファイル(Zoomにサインインしているユーザー、選択した電子メールドメインにサインインしているユーザー、および外部認証されているユーザー)に追加されます。
 

【解決された問題】

マイナーなバグ修正
認証プロファイルにワイルドカードドメインを追加することに関するユーザーのサブセットの問題を解決しました
OutlookプラグインがVDI環境でZoomクライアントを認識しないことに関するユーザーのサブセットの問題を解決しました
必要な追跡フィールドがバイパスされることに関する問題を解決しました
 

「ChromeOSの新しいアップデート」

【解決された問題】

マイナーなバグ修正
セキュリティの強化