先取り!!Zoomの次のアップデート情報

先取り!!Zoomの次のアップデート情報
(本当は1月25日予定でしたが延期されたので、また詳しい日程は別途コメントします)
 

【ミーティング/ウェビナー機能】

・ビデオファイルを会議で直接共有および再生する-Windows、macOS

ビデオファイルをミーティングで直接共有して再生することが可能に!
[詳細共有オプション]の[ビデオ]オプションを使用すると、直接Zoomから開くことができ、ミーティングで共有コンテンツとして再生されるビデオファイルを選択できます。
 

ホストには、共有中に他の参加者には表示されない一般的なビデオプレーヤーコントロール(一時停止/再生、音量コントロール、全画面、ビデオの長さ/経過時間)が表示されるようです。MP4およびMOVファイルがサポートされており、最大ビデオ解像度は1080p!!とのこと。
(これが1080pで共有されるのかどうかは要検証ですね)
 

・ぼやけた背景-Windows、macOS

特定の仮想背景を選択するのではなく、背景をぼかすことを選択できるようになるそう。
Teamsにはあった機能ですね。これは結構使いたい人が多かった機能では??
 

【既存の機能変更】

ウェビナーの視聴者へのビデオレイアウトが変更できるボタンの場所が変更となります。
今まで、何故か参加者の右下のボタンの中に隠れていたのですが、これでわかりやすくなりそうです。
また、こちらのカスタマイズしたギャラリービューも反映できるようになりそうです。
その他細かいアップデート内容は以下をご確認ください。
 

ーーーーー
 

Zoomクライアントの新しいアップデート
バージョン番号を含む完全な注記については、オペレーティングシステムのリリースノートを参照してください。
Windows | macOS | Linux | iOS * | アンドロイド
* iOSリリースにはAppleの承認が必要であり、AppStoreに表示されるまでにさらに数日かかる場合があります。
 

【既存の機能への変更】
ウェビナー用の再配置および拡張された出席者ビューコントロール -Windows、macOS、Linux、Android、iOS
特定のビデオレイアウトをウェビナー出席者にプッシュするオプションが、参加者リストから右上隅にある[表示オプション]ボタンに移動されました。メインビデオウィンドウ。レイアウトオプションは、ホストの表示に従って、スピーカー、ギャラリー、および標準(ビデオのサムネイルと共有コンテンツを)今が含まスピーカー:サイドバイサイド、およびギャラリー:サイドバイサイドのコンテンツを共有しながら。カスタムギャラリービューの注文もサポートされるようになりました。ウェビナーの参加者は、ウェビナーの表示を制御できなくなり、ホストと共同ホストに排他的な制御が与えられます。
 

【新機能と拡張機能】
<一般的な機能>
ZoomモバイルアプリのZoomRoomコントロール-Android、iOSモバイルアプリで
会議が開始され、参加しているZoom Roomに渡されると、モバイルアプリは、音声のミュート/ミュート解除、音量コントロールなどのZoomRoomコントロールを提供します。ビデオの開始/停止、および会議の終了。ズームルームの会議コントロールは引き続きコントローラーに表示され、モバイルアプリで開始された変更と同期されます。
Androidの11の拡張サポートアンドロイド-
より良いサポートAndroidの11の改善。
特定の国/地域(Windows、macOS、Linux、Android、iOS)からの参加者のみをブロックまたは許可する
会議をスケジュールする場合、[詳細オプション]で[特定の地域および国からのユーザーのエントリを承認または拒否する]オプションを使用できます。ホストは、特定の郡/地域からの参加者のみの参加を許可するか、特定の郡/地域からのすべての参加者をブロックすることができます。
Outlookカレンダー統合の機能強化-WindowsMAPI
が有効になっている場合、クライアントおよびWebで削除された会議は、イベントがWebスケジュールの定期的な会議またはPMI会議でない限り、関連するOutlookカレンダーイベントも削除します。オンプレミスユーザーの場合、MAPIでは会議の変更と削除の同期が可能です。
同期された連絡先をサブフォルダーに表示する-Windows、macOS、Linux
ユーザーが連絡先の統合を設定し、連絡先がサードパーティサービス(Outlook、Exchange、またはGoogle)のサブフォルダーに整理されている場合、それらのサブフォルダーを表示できます連絡先ディレクトリにあります。
追加のMSI / GPOオプション-Windows、macOS、Linux
クライアントの起動時に新しいSSOログインを要求する-DisableKeepSignedInWithSSO
デフォルトで無効になっているこのオプションは、クライアントが最後のSSOセッション情報を利用できないようにし、クライアントを再度開くたびに新しいログインを要求します。
クライアントの起動時に新しいGoogleログインを要求する-DisableKeepSignedInWithGoogle
デフォルトでは無効になっています。このオプションは、クライアントが最後のGoogleセッション情報を利用できないようにし、クライアントを再度開くたびに新しいログインを要求します。
クライアントの起動時に新しいSSOログインが必要です- DisableKeepSignedInWithFacebook
デフォルトで無効にし、このオプションは、クライアントのすべての再オープンのための新鮮なログインを必要とし、最後のFacebookのセッション情報を利用し、クライアントからのを防ぐことができます。
オーディオノイズ抑制-SetSuppressBackgroundNoiseLevel
デフォルト値はAuto(0)ですが、Low(1)、Medium(2)、またはHigh(3)に設定することもできます。[高]オプションには、オーディオ拡張パッケージ(MSIに含まれています)が必要です。存在しない場合、クライアントは[自動]に戻ります。
 

<ミーティング/ウェビナー機能>
ビデオファイルを会議で直接共有および再生する-Windows、macOS
[詳細共有オプション]の[ビデオ]オプションを使用すると、Zoomによって開かれ、会議で共有コンテンツとして再生されるビデオファイルを選択できます。ホストには、共有中に他の参加者には表示されない一般的なビデオプレーヤーコントロール(一時停止/再生、音量コントロール、全画面、ビデオの長さ/経過時間)があります。MP4およびMOVファイルがサポートされており、最大ビデオ解像度は1080pです。
ぼやけた背景-Windows、macOS
ユーザーは、特定の仮想背景を選択するのではなく、背景をぼかすことを選択できるようになり、ブランドの背景が利用できない、または不要な場合にプライバシーが強化されます。
モノラルまたはステレオサウンドの共有-Windows、macOS、Linux
コンテンツを共有し、コンピューターサウンドも共有したい場合、ユーザーはモノラルまたはステレオオーディオを選択できます。オーディオを共有しているユーザーのみが、このクライアントバージョン以降を利用する必要があります。
iOSでのフィルターのサポート-iOSの
iOSZoomモバイルアプリユーザーは、ビデオフィルターを使用できるようになり、会議に楽しい要素を追加して、会議の単調さを解消するのに役立ちます。
懐中電灯制御のための追加サポート-アンドロイド
よりAndroidデバイスは現在、カメラ懐中電灯のオプションを利用することができます。デバイスはAndroid6.0以降であり、カメラの懐中電灯機能をサポートしている必要があります。
 

<会議機能>
エンドツーエンドの暗号化された会議の会議の反応-Windows、macOS、Linux、Android、iOSの
会議の反応をE2EE会議で利用できるようになりました。
エンドツーエンド暗号化会議用の
1:1プライベートチャット-Windows、macOS、Linux、Android、iOS 1:1プライベートチャットをE2EE会議で利用できるようになり、すべての参加者へのメッセージと2人の参加者間のプライベートメッセージが可能になりました。
<電話機能>
 

国際電話番号のSMS -Windows、macOS、Linux、Android、iOS
ユーザーは特定の国/地域のSMSを送受信できます。国際電話番号に送信されたメッセージは、国際メッセージングレートテーブルに従って計測されます。この機能は、管理者が有効にする必要があります。
単一のメッセージバブルでのSMSおよびMMSメッセージのサポート-Windows、macOS、Android
テキスト(SMS)、および画像(MMS)を単一のメッセージバブルで表示できます。以前は、テキストと画像を別々のメッセージバブルに入れる必要がありました。
メールアドレスを指定せずに連絡先を追加する-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
ユーザーは、名前と電話番号を指定することで電話の連絡先を追加できます。以前は、ユーザーはカレンダー統合を使用して、メールアドレスなしで連絡先を追加する必要がありました。
追加の着信音-Windows、macOS、Linux
ユーザーは、着信音をビープ音に設定できます。
ボイスメール通知-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
ユーザーは、新しいボイスメールを受信すると通知が表示されます。
グループ通話ピックアップ-Windows、macOS
アカウントの所有者および管理者は、Webポータルを使用して通話ピックアップグループを作成し、電話ユーザーをメンバーとして追加できます。メンバーへの着信があると、すべてのグループメンバーに通話通知が表示されます。この機能は、特定のYealinkデバイスでもサポートされています。この機能は、ズームで有効にする必要があります。
 

<チャット機能>
前のチャットに戻る-Windows、macOS、Linux
前のチャットチャネルまたは連絡先に戻るだけでなく、先に進む機能。これにより、緊急のリクエストやメッセージに応答して、他の人から検索することなく、以前作業していたチャネルにすばやく戻ることができます。
強化されたモバイルチャット検索フィルター-Android、iOS
モバイルアプリでメッセージを検索する場合、特定のチャネルでのみ検索する、特定の連絡先から送信される、非常に多くの日数で送信される、@ meメンションなど、より多くの検索フィルターを使用できます。
チャットチャネルから直接連絡先接続を要求する-Windows、macOS、Linux、Android、iOS
新しいチャネルを作成するとき、またはチャネルに連絡先を追加するときに、関連付けられた電子メールがまだ既存の連絡先でない場合、連絡先要求が自動的に送信されます。リクエストを受け入れると、その連絡先は自動的にチャネルに追加されます。これらの保留中のリクエストも削除でき、リクエストが受け入れられるとリクエスターに通知されます。
 

【解決された問題】
セキュリティの強化
マイナーなバグ修正
 

【Outlookプラグインの新しい更新】
新機能と拡張機能
一般的な機能
特定の国/地域からの参加者のみをブロックまたは許可する
会議をスケジュールする場合、[詳細オプション]で[特定の地域および国からのユーザーのエントリを承認または拒否する]オプションを使用できます。ホストは、特定の郡/地域からの参加者のみの参加を許可するか、特定の郡/地域からのすべての参加者をブロックすることができます。
保存したテンプレートを使用して会議をスケジュールする会議をスケジュールする
ときに、保存したテンプレートから選択するオプションを使用できます。
解決された問題
セキュリティの強化
マイナーなバグ修正